30代サラリーマンの興味深い事、気になる事などを綴るブログです。

INTEREST-LOG

雑学

仏滅がもつ本当の意味は実は違う?六曜の中で最も良くない日とは?

投稿日:

仏滅の本当の意味
今は色々なカレンダーが出回っていますが、殆どのカレンダーを見ると、枠の下の隅に小さく「大安」とか「仏滅」、「友引」などという言葉が書かれているものがありますね。

それらは六曜と呼ばれるものです。そもそも六曜とは、中国の「日取りの吉凶を占う」という考え方を元に、日本の陰陽道(おんみょうどう)と混同して生まれたもので、吉日か凶日か日によって変わるというものです。

現代の日本ではほとんどの方が六曜などそれほど気にせずに日常生活を送っているのではないでしょうか。

六曜を意識するシーンといえば、結婚や葬儀といった冠婚葬祭の日取りを決める時、あるいは人によっては仕事や受験などの勝負どころの日取りを見る時ぐらいでしょうか。引っ越しの日取りを決める時に気にする人もいるようです。

それでは、ここからが本題で、仏滅が本当に凶日なのかそのあたりを掘り下げていきましょう。


スポンサードリンク


仏滅の持つ本当の意味とは?

「仏滅」はもともと「空亡」や「虚亡」と言われており、「全てが虚しい」という意味から「物滅」という呼称に変わり、近年になって漢字に「仏」を当てて「仏滅」に変化したと言われています。つまり、仏滅の仏の字は、実は当て字なのです。

「仏滅」という字面から、仏が滅した(亡くなった)日と解釈されがちですが、本来は「物滅」という漢字でしたので、仏の入滅とは全く関係ないという事が分かっています。

旧暦だと釈迦が亡くなった2月15日が仏滅の日なのですが、これは偶然で、2月15日に釈迦が亡くなったから仏滅と定められたわけではありません。

仏滅に結婚式は本当にダメ?

仏滅は六曜の中では最も良くない日と言われ、結婚式などの晴れの日は仏滅を避けるのが一般的ですが、逆に仏滅(本来の「物滅」)には「物が無に帰して、新たに始まる」という意味があり、物事を始めるには最適な日とする説もあるくらいなのです。

特に引っ越しや新規事業のスタートなどは、仏滅におこなっても全く問題無いとされています。引っ越し業者などから「仏滅は避けた方が・・・」と言われるケースもあるようですが、ゼロから新しくスタートするという意味合いの方が強いため、気にする事はありません。

もちろん、大安や友引など、吉日と言われる日におこなえるのであれば、それに越したことはありませんが、スケジュール調整や個人の都合の上で仏滅となってしまっても気にしなくて大丈夫です。

いずれにせよ、仏滅の本来の漢字は「物滅」であり、仏が亡くなった事とは全く関係のない事から、決して凶日だとひと言で言いきれないのです。

では六曜のそれぞれの意味を簡単におさらいしてみましょう。

六曜の意味について

大安

縁起の良い日とされている「大安」ですが、この日は終日「吉」とされる吉日です。結婚式、入籍日など慶事をおこなうのに最も好まれる日です。

友引

何をしても勝負がつかないとする日。また「友を引く」という意味合いから葬式なのでは他人の死をさそうとう意味から不向きとされます。また、朝夕は吉ですが、昼頃は凶とも言われています。

先勝

「せんしょう」、「せんかち」とも言われ、勝負ごとに向いている日。その他訴訟などにも向いている日です。午前中が吉、午後からは凶となります。

先負

「せんぷ」と呼び勝負ごと、急用には向かない日とされ静かに待つ方が良いと言われている日です。午前中が凶、午後が吉となります。

仏滅

終日「凶」という認識されることが多く、慶事ごとである結婚式や出産は避ける風潮となっています。

赤口

最後に「赤口(しゃっこう)」ですが、これが最もイメージしづらいのではないでしょうか。赤口は実は仏滅に並ぶ凶日で、慶事や大事な日には向かない大凶の日とされます。唯一午前11時から午後1時までの2時間だけが吉ですが、他の時間帯は凶となります。

仏滅と並ぶ赤口という凶日の存在、初めて知ったという方も少なくないのではないでしょうか。
赤口は「赤舌鬼」という恐ろしい悪鬼が支配する日で、その鬼が眠っているのが午前11時から午後1時の間だとされているため、この時間を除き凶日とされます。本来の意味からして悪い日となるため、結婚式、入籍、納車、引越などは避けるのが良いと言われます。

スポンサードリンク

まとめ

どちらかというと、本来の意味からして恐ろしい「赤口」の方が大事な日に当てたくない凶日で、仏滅には「新たに始まる」というポジティブな意味合いもあるため、それほど恐れる必要はないということがわかりました。

ですが結婚式に関しては、やはり「仏滅は良くない」というイメージが強いため、結婚する新郎新婦が気にしなくとも親族や招待客が気にするならば・・・という理由で避けるケースは多いです。

もっとも、チャペルでキリスト教式の結婚式を挙げる場合には六曜は関係無いという人もいるので仏滅に結婚式を挙げるカップルもいるくらいです。

そして多くの式場が「仏滅割引」を実施しているのも実情で、ユーザーにとって安く式を挙げる事ができるという利点もあります。

結婚式を仏滅にするかどうかは、本人たちと親族の考え方と、ゲストたちの年齢層や立場、新郎新婦との関係性などによって検討するのが良さそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-雑学

Copyright© INTEREST-LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.