30代サラリーマンの興味深い事、気になる事などを綴るブログです。

INTEREST-LOG

サッカー

サッカーのルール!PK(ペナルティキック)をわかりやすく解説!

更新日:

PKのルール

私は元々学生時代サッカーをやっていましたのでやるのも見るのも好きなのですが、息子がサッカーをするようになって審判を任せられるようになりました。

これがまた練習試合だといいんですが、公式戦となると勝敗を決める際どい判定を迫れることが多々あります。

特にペナルティーエリア付近のファウルは非常にシビアな判定が求められます。

ですので誰でも分かりやすいようにPKのルールについて解説をしたいと思います。


スポンサードリンク


PKのルールについて

どういった場合にPKになるの?

ペナルティエリア
PKとはペナルティキックの略語になります。
PKはペナルティエリア内で守備チーム側の選手が攻撃側の選手に対して反則行為が行われた場合にあるポイントから行われる攻撃側の選手とゴールキーパーとの1対1のキック勝負になります。

その反則行為とは以下の通りです。

  • チャージ
  • 飛びかかる
  • 蹴る蹴ろうとする
  • 押す
  • 打つ打とうとする
  • タックル
  • つまずかせる
  • ハンド
  • 押さえつける
  • 身体的接触で妨げる
  • つばを吐く
  • 基本的にはこの上記の場合にPKが与えられます。

    この反則はペナルティーエリア外であれば、直接フリーキックとなり,逆にペナルティーエリアの中であればPKに変わるという事になります。

    ペナルティエリアの外(フィールド外)で守備チームの反則が行われた場合も同様にPKとなります。

    攻撃側の選手が相手守備側のペナルティーエリア内で上記の行為を行った場合はその場所からのフリーキックとなります。

    キックはペナルティエリア内にある目印がある場所からのキックとなります。

    PKはキッカーとキーパーとの1対1の勝負です。ではそれ意外の選手はどこにいたらいいのでしょうか。

    スポンサードリンク

    キッカー以外の選手の位置は?

    キッカー以外の位置

    PKを蹴る際にキッカー以外の選手はある一定距離ボールから離れなければならないルールとなっています。

    離れなければいけないその距離は9.15mという何とも中途半端な距離です。

    それは何故かというと、世界基準は10ヤード(1ヤードは0.91m)なので9.15mというのが日本でのルールとなっているんですね。

    また、ペナルティエリア付近にある円弧のような形はPKを蹴る位置から9.15m距離を取るために描かれたものなんです。

    9.15mの距離

    ちなみにピッチの中央にあるセンターサークルも同様の半径9.15mの円が描かれています。

    それ以外にもペナルティエリアの側面はキッカーの視界に入るため、キックの位置からタッチラインまでの間は立ち入りが禁止されています。

    他にもPKには色々なルールがあるのでしっかりとチェックしていきましょう!

    PKの反則行為とは?

    フェイントは反則?

    PKを蹴る際に行うフェイントについては、ネイマール選手のように蹴る前の助走の段階でのフェイントはルール上問題なく、助走が完了した後のボールを蹴る際のフェイントについては反則になります。この場合は警告(イエローカード)になります。

    キッカーは二度蹴り禁止?

    サッカーのルールとしてフリーキック,ゴールキック,コーナーキック,そしてペナルティキックは続けて同じプレイヤーが蹴ってはいけないルールとなっています。

    その場合は反則行為となり相手チームに間接フリーキックが与えられます。

    ではPKの場合は一体どうなるのでしょうか?

    相手GKが弾いたボールを蹴るのは、三度目に触れることになるので反則にはなりませんが、クロスバーなどに当たって跳ね返った来たボールを蹴った場合は二度蹴りと見なされ、相手チームに間接FK与えられます。

    反則行為とゴール判定について

    PKの反則

    PKのシーンでよく見られる行為として、「キッカーが蹴る前にGKが動いた」、「相手選手がペナルティエリア内に立ち入った」などの反則行為があります。果たしてこれらの行為は反則になるのでしょうか。またゴールの判定は一体どうなるのか?これらもしっかりと明確な基準が設けられていますの解説します。

    ちなみにGKはゴールライン上であればキック前でも動いていても問題ありません。

    PKの反則とゴール判定は以下の通りです。

    キックがゴールした場合

    GKの違反→ ゴール
    守備側の違反 → ゴール
    キッカーの違反 → やり直し
    攻撃側の違反 → やり直し
    キッカーとGKが同時に違反 → 間接FK(キッカーに警告)

    キックがゴールしなかった場合

    GKの違反 → やり直し(GKに警告)
    守備側の違反 → やり直し
    キッカーの違反 → 守備側の間接FK
    攻撃側の違反 → 守備側の間接FK
    キッカーとGKが同時に違反 → やり直し(両選手に警告)

    こうやって書いてみると非常に分かりやすいかと思いますが、簡単に言うと相手チームが反則していても入ればゴールとなり、入らなければやり直しとなります。

    逆にPKを蹴る側のチームが違反をした場合、ゴールに入ればやり直し,入らなければ相手チームの間接FKとなります。これは中々知っている人はいないのではないでしょうか。

    また、ゴールの判定もしっかりと確認しておきましょう!

    ゴールの判定は?

    ゴールの判定

    ゴールの判定はボールがラインをしっかりとゴールライン超えた場合にのみゴールと見なされます。

    ボールがラインにかかっていたり、超えきれてない場合はゴールと見なされません。

    左から3番目まではノーゴールの判定です。

    この判定については近年、最新の技術としてホークアイ(審判補助システム)というものが導入されプロスポーツ競技で使用されています。

    一般競技者に使用される事は無いので人間のジャッジに任せる他ありませんけどね。

    スポンサードリンク

    ペナルティエリア内での間接FK

    よくペナルティエリア付近でレフリーが笛を吹き、間接FKが行われる場合があります。

    これについては、見方選手が膝より下で意図的にゴールキーパーにパスをし,それをGKがキャッチしてしまった。という行為が大半となります。

    ですのでももや胸,ヘディングでのGKへのパスは間接FKになる反則にはなりません。

    間接FKは直接FKと違い直接ゴールを狙うことができませんのショートパスなどを一度目で行い、二度目でシュートというのが大半になります。

    それでは今度は試合中に行われるPKではなく、延長の末のPK戦に突入した場合は一体どういった進行を行っていくのか確認して見ましょう。

    PK戦のルール

    まずは先攻後攻を決める

    主審が行うコイントスでどちらが先に蹴るかを決めるのですが、出た側のチームが先攻か後攻か決める事ができます。

    キッカーを決める

    両チーム5人ずつ蹴る事がまずは前提となっているのでとりあえず5人蹴る選手を決めます。もちろんゴールキーパーも含めてもOKです。

    必ずしも5人蹴る必要はなく5人蹴る前に勝敗が決まっている状況であれば5人待たずして試合終了となります。

    5人蹴って勝敗がつかない場合は?

    6人目以降はサドンデスとなり1人ずつ蹴ってどちらかが決めて、どちらかが外せばそこで試合終了となります。

    今後PK戦に新しいシステムを導入?

    欧州サッカー連盟がABBA方式というルールを導入するという発表を行いました。

    そのルールとは先攻のAチームと後攻のBチームの順番を回数ごとに入れ替えるという制度です。
    PK戦については心理戦でもあり先攻の方が勝率が高いというデータあるようなのでそれを回避すべき対応としてこの制度の導入を考案したようです。

    現在ではまだテスト段階という事で今後プロの試合でも導入される可能性があるかもしれません。

    まとめ

    サッカーのルールはただやっているだけでは意外と知らない事も多く、ルールブックを読んでみると発見が多いです。

    サッカーの試合を観戦していても、もし自分が審判だったらという目線になる事も多いんですね。

    スポンサードリンク


    スポンサードリンク

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

    -サッカー
    -, ,

    Copyright© INTEREST-LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.