30代サラリーマンの興味深い事、気になる事などを綴るブログです。

INTEREST-LOG

生活

児童手当はいつまでもらえる?自治体によって違う?

更新日:

児童手当はいつもでもらえる?

子どもが生まれた後、役所へ申請を行うことで支給される児童手当。
何かとお金のかかる育児生活の、大きな助けとなってくれる存在です。

その一方で、
「一体いつまで貰うことができるの?」
「自治体によって支給期間に違いはあるの?」
といった声も多く聞かれます。

ここでは、そんな気になる児童手当の疑問について確認しておきたいと思います。

児童手当の支給期間とはいつまで


スポンサードリンク


児童手当は、子どもを出産した0歳0か月の時点で申請できます。支給の対象となるのは出生届を提出した翌月からとなりまので、覚えておきましょう。

子どもが月の下旬に生まれた場合、月をまたいでしまうと支給が遅れてしまうため、優先して終わらせておきたい手続きの一つです。

申請後は毎年6月に現況届を提出することで、0歳0ヶ月~15歳の3月31日(中学校卒業月)までが支給期間となります。

また、児童手当は毎月振込ではなく、
10月~1月分→2月
2月~5月分→6月
6月~9月分→10月
の年3回支給となります。

大きなお金がまとめて入ることになりますが、子どものためにも計画的に活用したいですね。
我が家では生活費に使いたいところではあったんですが、子供の学資保険の費用に当てています。

ではその児童手当は自治体によって違うのでしょうか。その辺も確認しておきましょう。

支給期間や金額は自治体によって違う?

各自治体によって、児童手当の支給期間や支給金額に違いはあるのでしょうか?

答えは「NO」です。

児童手当は厚生労働省が行っている制度であり、日本全国どこへ住んでいても支給されます。引越しなどで移動した場合も当然新しい自治体から、同じ金額を同じ期間受け取ることが可能です。

住んでいる自治体が変わった場合は、再度申請が必要となりますので、転入届と合わせて書類を提出しておきましょう。市区町村内での移動の場合は、同じ役所からの支給となるため住所変更のみの手続きで構いません。

支給金額や支給期間は変わりませんが、育てている子どもの数や年齢によって、児童手当の金額は変化します。自分の子どもの年齢や数の場合はいくら支給されるのか、事前に確認しておくと安心です。

●児童手当支給額一覧

年齢 支給月額
0〜3歳未満 15000円/人
3歳〜小学生(第1子及び第2子) 10000円/人
3歳〜小学生(第3子以降) 15000円/人
中学生 15000円/人
所得制限を超える場合 5000円/人

では子供がいるのに支給されない場合はあるのかその辺も確認しておきましょう。

支給期間内でも児童手当が貰えないケース

子どもの年齢が、児童手当の支給期間内であっても、児童手当が支給されないケースもあります。以下3つに該当する場合は、児童手当を貰うことができません。

  • 国内に住んでいない場合
  • 所得が制限額を超えてしまっている場合
  • (全額ではありませんが、特別手当として5000円が支給されます)

  • 子どもと同居していない場合
  • (親が別居している、祖父母が育てていると言う場合は、同居して養育している人間が受け取ります)

    また、祖父母が受け取る場合は別に書類が必要となるため、役所で確認の上、手続きを進めて下さいね。

    児童手当の額については規定で一律で決まっていますが、安心して子育てができる環境を独自に整備して移住者やUターンを増やそうとしている自治体が多数増えています。

    子育て支援をしている自治体の実例

    子育てする上で託児所等の斡旋、就職の斡旋、学童保育なんかどこの自治体で行っているサービスですが、その他で特徴ある支援を行っている自治体も多数ありますのでご紹介します。

    ⚪︎出生お祝い金(子供3人目50万円・4人目100万円):宮崎県椎葉村

    ⚪︎乳児おむつ無料クーポン券支給事業:北海道砂川市

    ⚪︎3人目以降保育料無料:荒川区・葛飾区・品川区

    ⚪︎子育て支援パスポートの発行で決められた店舗での割引:千葉県浦安市

    ⚪︎移住して住宅建設や定住で補助や譲渡:全国多数

    さいごに

    いかがでしたでしょうか。児童手当がもらえるのは義務教育が修了する中学卒業まで、受給金額についてはどの自治体でも基準は一緒ではあるものの、子育てを支援するという部分で各地方自治体は独自のサービスを提供していることが分かりました。

    最近では、一部の自治体(栃木県小山市・千葉県いすみ市など)が移住者に対して都心への通勤手当(新幹線・特急)の支給を行っているそうで、今後働き方改革や交通網の発達で子育てしやすい環境を求めて都心以外の自治体へ移住者が増えていく時代になりそうな予感です。

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

    -生活

    Copyright© INTEREST-LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.