30代サラリーマンの興味深い事、気になる事などを綴るブログです。

INTEREST-LOG

マネー

【ソフトバンクユーザー向け】iPhoneをSIMロック解除して格安SIMに乗り換える方法

更新日:

iPhoneを格安SIMで使用

iPhone(ソフトバンク)の機種代が割引になる2年を迎えようとしていましたが、まだまだ機種的にはいけそう気がしたのでキャリアの契約をやめて格安SIMを提供している会社に乗り換えを検討しました。

調べてみると色々手順を踏まなければならなかったり、各会社によって色々な特徴があるという事なので選択誰でもわかりやすく簡単に説明していきたいと思います。

ちなみにこの記事を読んでほしいのはこんな人。

・使用しているiPhoneを格安SIM契約に乗り換えたい人
・ソフトバンクの機種をそのまま使いたい人
・自分に合う格安SIMを知りたい人

スポンサードリンク


まずは格安SIMを提供している会社について解説したいと思います。

格安SIMの提供会社一覧

格安SIMを提供している会社は千差万別で色々な特徴があります。基本的に回線は大手3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が整備した回線の一部を貸りて運用しています。最近では楽天モバイルも第4のキャリアとして名乗りをあげていますので今後の展望が気になります。

格安SIMを提供している会社は名前だけ挙げるときりがないのですが、概ね人気であると思う会社は以下の通りです。

・ワイモバイル:ソフトバンク系(SIMロック解除が必要)
・LINEモバイル:ソフトバンク系
・Nifmo(ニフモ):ドコモ系
・楽天モバイル:ドコモ系
・DMMモバイル:ドコモ系
・エキサイトモバイル:ドコモ系
・OCNモバイル:ドコモ系
・LIBMO(リブモ):ドコモ系
・LinksMate:ドコモ系
・IIJmin:ドコモ・au系
・BIGLOBEモバイル:ドコモ・au系
・UQmobile:au系
・mine(マイネオ):ソフトバンク(2018年9月4日から開始)・ドコモ・au系

ソフトバンク系やドコモ系、au系というのは格安SIM会社がどの回線(3大キャリア)を利用しているかという事を表しています。

2社回線を借りている会社も中にはあるようですが、料金体系によって区別されている場合が多いようです。

通常キャリアが販売している機種をキャリアの契約でしか使用できないようロックされている事をSIMロックというのですが、ソフトバンクの機種を利用している場合、ワイモバイル、LINEモバイル、mineoはソフトバンク回線を使用しているのでその解除が必要なく送られてきたSIMをそのまま差し込むだけ使用が可能となります。但し初期設定は必要になります。

また、気になる格安SIMの通信速度についても事前に確認しておく必要がありますのでご紹介します。

回線の速度は各会社によって違う?

3大キャリアでしている占有している周波数帯域の一部分を各格安SIM会社が利用しているので、同じドコモの回線であっても速度が違っていたり、ネット利用が増える時間帯だと繋がりにくい会社もあるようです。

また、IIJminやBIGLOBEモバイルなどの2つの回線のプランを提供している会社は回線の種別によって速度も違うので一概に同じ速度を保証している訳ではないようです。

格安SIMについて定期的に各社速度が計測しているブログもありますのでご紹介します。

次に格安SIMに乗り換えるまでの手順にご紹介したいと思います。

格安SIMに乗り変えるまでの手順

1. SIMロック解除手続き(ワイモバイルLINEモバイル・mineoの場合不要)
2. MNP予約番号をもらう(ショップ又は電話から可能)
3. 格安SIMに申し込み(MNP予約番号必要)
4. 3日程度自宅にSIMが届く
5. 格安SIM会社から届いた書類に基づいて設定を行う
6. 完了

そんなに手順は不要です。ショップ又はネットでMNPの予約をしてから自宅にSIMが届くまでの間は既契約である回線が使用できるので使えなくなるという事はありません。

次に格安SIMにするに当たり考慮しておくべき事がいくつかありますので確認しておきましょう。

スポンサードリンク

乗り換えるために考えておくべき事

・2年縛りの契約が終了するタイミングか。
・キャリアメールが不使用となる影響
・消耗している電池の交換
・格安SIMの契約の縛り。

2年縛りの契約は終了しているか。

キャリア契約をする場合、通常2年契約が結ばれ、その後は基本的には自動更新となります。そのタイミングで乗り換えを行わないと約1万円程度の違約金が発生します。初めの2年は機種代の割引も適用されますが2年未満で解約の場合、残りの機種代も一括支払いになりますのでできれば避けたいところです。

キャリメールが不使用となる影響

キャリアが提供しているサービスの一つにメールサービス(○○○@i.softbank.jpなど)があります。

解約した場合、もちろんのこと使用できなくなります。ちなみに私はキャリメールで何かを登録したりとう事はしていませんので特段問題になるような事はありませんが、このように格安SIMに乗り換えを検討しているのであればキャリアメールで色々サイトに登録するという事が行わない方がベストと言えます。

消耗している電池の交換

2年程度使用していると電池の消耗が早くなってきているもの多いかと思います。Android系の機種の場合、Amazonなどで電池が購入できる場合もありますのでこの際に検討をオススメします。

iPhoneの場合、アップルストアの店舗で電池交換のサービスも行っています。ちなみに私は以前アップルから発表があったiPhone8以下の機種の通信速度制御問題で通常8800円の電池交換が3200円で交換できるサービスを受けました。

格安SIMの契約の縛り

格安SIMを利用する場合、会社によって最低1年程度の継続が求められる場合があり、その期間以内で解約すると違約金が発生する場合もあります。

大体1万円以下の違約金となっているようです。会社によってはそれがない場合もありますので必要であれば問い合わせして確認しておきましょう。

次に結局、どんなSIMが良いかわからないという事もいるかと思いますのでいくつか特徴のある格安SIMをご紹介します。

格安SIM提供会社の特徴あるサービス

ソフトバンク機種と相性が良い格安SIMは?

やはり何と言ってもソフトバンクの回線を利用しているワイモバイル、LINEモバイル・mineoと言えます。

その理由としてSIMロック解除の必要がない事、回線速度が格安SIMの中で上位な事と言えます。2018年9月4日よりmineoがソフトバンクの機種も同様のサービスが開始されます。

LINEモバイルはSNS系の利用が多い人にとってはとても有利でLINE、facebook、Instagram、Twitterのデータ使用量がかからないプランが用意されています。

データ使用量10GB以上のプランがある格安SIMは?

SIMロック解除が必要になる会社もありますが、データプランが10GB以上のプランがあり比較的速度が早い会社としては以下の通りです。

・UQモバイル(〜21GB)
・LinksMate(〜30GB)
・NifMo(〜13GB)
・LIBMO(〜30GB)
・mineo(〜30GB)
・BIGLOBEモバイル(タイプD・〜30GB)
・DMMモバイル(〜30GB)
・IIJmio(〜12GB)

容量を多く利用したいという方の特徴として、やはり動画を見ることが多いのではないでしょうか。そんな方におすすめな会社もあるのでご紹介します。

Youtubeなどの動画に適した格安SIMは?

これは私も最近調べて初めて知った脅威の格安SIMなのですが、BIGLOBEモバイルだと、3GB以上のプランにかつ月額480円のオプションでYouTube、AbemaTV、radiko.jp、Apple Music、Spotify、AWA、Amazon Music等がデータ消費なしに使えます。

ドコモ・auの回線を利用しているのでSIMロックの解除は必要となります。気になる動画の画質は普通程度の画質だそうです。気になる速度に関しては格安SIMの中では標準程度のクラスのようです。

※ちなみここでご紹介した格安SIMは標準以上の速度が出ると言われている格安SIM会社を選んでいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。格安SIMを提供している会社は、とんでもなく多く選ぶのも一苦労です。選択するにあたっては自身のご利用スタイルを考えて各会社の特徴に合うプランで契約するのがベストと言えます。

ちなみに私は通勤時間内によくYoutubeを利用して英語学習系の動画を閲覧する事、家族も携帯を利用しているのでまとめてシェアする事ができるBIGLOBEモバイル又はIIJmioを検討しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-マネー

Copyright© INTEREST-LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.